FC2ブログ

3月議会開会

昨日、茅ヶ崎市議会議員として任期中最後の議会が開会となりました。4年前に市民からの付託を得て、最後の議会をやり抜き、新たな挑戦をしたいと思います。

午前中には市長の初めての施政方針が行われました。また、新しい副市長に下水道の塩崎部長と教育委員会から岸部長が人事案件として議会にかけられ全会一致で可決し新たに就任をしました。

市長の施政方針は映像配信でご覧になれます。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/gikai/eizo/1019537.html

昨日の日程の最後、総務常任委員会が終わった頃にはなかなかの時間でしたね。常任委員会が映像配信されていることの自覚を持った方がよろしいかと思います。教育経済常任委員会では提訴についてが審議されましたが、話し合いと裁判はそれぞれ違うのに、ごちゃ混ぜ論法と存在感を誇示したいがための強引な自由討議が行われ、意味のわからない時間ばかりが経過しました。質問もしつこいし、時間をかけて慎重に議論することは必要ですが、すでに他の議員の質問で答えているものを繰り返し聞くのは本当に時間の無駄です。2時間31分という時間に対して充実した審議が行われたのか、各議員がしっかり勉強をしていたのかは市民に映像で見てもらい判断していただければと思います。

今日、傍聴に行ってきた寒川町議会では同じ質問をした委員に対しては委員長が、すでに○○議員の質問で○○課長がこのように答えてます。と委員長が采配をしていましたので、これがあるべき姿かと思いました。

提訴についての議案は委員会では自民党と公明党の賛成4人、市民自治の会と日本共産党の反対2人の賛成多数で可決となりました。個人的には行政のマネジメントとガバナンスに課題が残っていることを、改選後の議会がどう取り組めるのかが問われていると思います。

先議案件については28日の本会議2日目に各会派、議員の討論と採決が行われます。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する