問責決議とは

今日で平成28年第3回茅ヶ崎市議会定例会が閉会となりました。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/gikai/1001094/1019390.html

9月1日の本会議初日、8月9日に東京都迷惑防止条例違反の容疑で逮捕され、8月15日に公明党会派を離団した現在は会派に属さない議員、須賀徳郎議員に対する問責決議が全会一致で可決しました。

https://youtu.be/7FUGf6pSDb8

最終本会議になっても説明責任がなされていないこと、時間の経過や市民の声を受けて1度目よりも重い2度目の須賀徳郎議員に対する問責決議が出されました。

日本共産党茅ヶ崎市議会議員団も賛成し賛成14人、反対12人の賛成多数で可決。

残念ながら2度目の問責決議は須賀議員が所属していた公明党会派などの反対により全会一致とはなりませんでした。須賀議員から市民の皆さまへと題する文書が議会事務局宛に送られてきたことが一つの判断基準となりました。この場をお借りして公開させていただきます。

本人の体調が良くなることが私個人としても第一優先だと思っていますし、願っています。本人はまだ容疑を否認している段階であり、事件の経緯については公式の記者会見の場か裁判で語られるものですので、相手女性のことも考えると事件の経緯を文書で出した対応は非常に残念でした。その事もふまえまして辞職勧告決議ではなく、説明責任を求める問責決議に市民の民意を得て議員にしかない議決権を持っている茅ヶ崎市議会議員として私は賛成の立場を示しました。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する