2つの平和都市宣言

神奈川県茅ヶ崎市は2つの平和都市宣言をしています。

 「平和都市宣言」

 茅ヶ崎市は、正義と秩序を基調とする世界平和を希求している日本国憲法の精神にもとづいて、世界連邦の建設に同意し、世界の永久平和の確立と人類の福祉増進のために、全世界の人々と相結んで、この崇高な目的の達成に努力する平和都市であることを宣言する。

1962年12月19日 茅ヶ崎市議会

 「茅ヶ崎市核兵器廃絶平和都市宣言」

 茅ヶ崎市は、1962年12月19日世界人類共通の願いである真の恒久平和を希求し、その実現に努めるため、平和都市宣言を行った。
 しかるに地球上では今なお核兵器の増強はとどまることなく、全人類の生存に深刻な脅威をあたえている。よって、再び全市民の名において次の宣言をする。
 日本国憲法の精神に基づき国是である非核三原則を遵守する国とともに、地球上のすべての自然を破壊し、全人類を滅亡させるにたるあらゆる国の核兵器の使用を全面禁止する国際世論を喚起するため、茅ヶ崎市はここに核兵器廃絶平和都市であることを宣言する。

1985年12月24日 茅ヶ崎市

 8月15日の終戦記念日に茅ヶ崎市役所分庁舎コミュニティホールで平和のつどいが開催されました。







第一部では「平和について」ポスター・作文コンテスト、小学校6年生のポスターの部と作文の部、中学校2年生のポスターの部と作文の部がそれぞれに茅ヶ崎市長賞、茅ヶ崎市議会議長賞、茅ヶ崎市教育委員会教育長賞、平和を考える茅ヶ崎市民の会実行委員会委員長賞があり、市内の小学生8人、中学生8人が表彰されました。
ポスター・作文コンテストで入賞し平和大使に選ばれた児童・生徒は8月5日から7日まで広島に行って貴重な体験をしてきました。







第二部ではシンガーソングライターのささきゆうじさんのトーク&ライブが行われました。広島平和記念公園にある原爆の子の像のモデルである佐々木禎子の甥、被爆二世でもあります。禎子の折り鶴の話を初めて聞かせていただきました。それにしても、アロハシャツが似合う!!
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する