湘南地区議員団研修会


7月26日、27日の2日間は湯河原で第32回となる日本共産党湘南地区議員団夏季研修会があり、今年は茅ヶ崎市の沼上市議、中野市議、藤沢市の加藤県議、柳沢市議、土屋市議、山内市議、味村市議、寒川町の細川町議、喜多村町議、山田町議、青木ひろし予定候補、大和市の宮応市議、高久市議、堀口市議、佐藤市議、綾瀬市の松本市議、上田市議、日本共産党議員団の全員出席で行うことが出来ました。



今回のテーマは新たな介護保険制度の新総合事業、介護介護予防・日常生活支援総合事業です。





講師は横浜市社会保障推進協議会事務局長の阿部健司さんです。

川崎市、横浜市の資料をもとに進捗状況などを説明していただき、湘南地区の各自治体の状況も説明して意見交換をしました。先行自治体は綾瀬市、今年の10月からは藤沢市でも新総合事業が始まります。



茅ヶ崎市では来年の4月からで時間がありませんが、藤沢市を参考に導入される可能性が高く、現在、茅ヶ崎市では素案のパブリックコメントを受け付けていますが、市民の不安も多いので質問や意見をお寄せください。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/public/1007537/yokoku/index.html

午後からは今後の国会の動きも見据え、地方分権の動きについて、学習、意見交換をしました。ほとんどは茅ヶ崎市の保健所政令市に向けた動きと、中核市、広域連携事業についてです。私の任期中の大きな論戦のひとつになりますので今後も力を尽くしていきたいと思います。



日本共産党の地方議員は引き続き力を合わせて、住民のくらし、福祉のために精一杯の議員活動をしていきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する