参議院選挙を終えて

茅ヶ崎市の投票率は男56.88%(前回比1.15%)女55.15%(前回比2.07%)計55.99%(前回比1.62%)
茅ヶ崎市で男女ともに投票率は上がりましたが、次の総選挙では6割を超えるようにしたいですね。

同じく茅ヶ崎市では比例で日本共産党は13745票(12.57%)を獲得し、2014年総選挙より比例票が増え自民党、民進党に次ぐ3番目に上がりました。

神奈川選挙区のたたかいのなかで茅ヶ崎市でのあさか由香候補の得票は13591票。候補者のなかでは5番目でした。各開票区で見ると横浜、川崎、相模原、藤沢、横須賀の次に得票が多いのが茅ヶ崎市でした。小児医療費助成、中学校給食、待機児童数などの課題がある茅ヶ崎市であさか由香候補の政策が子育て世代に届いたのではないかと思います。茅ヶ崎市での街頭演説ではママの会の人見さん、@湘南市民連絡会の飯田さん、永田さん、立場の違いを超えて街宣車に乗り2012年の総選挙、小選挙区15区で出馬をしているあさか由香さんを今度は必ず国会へと力強いスピーチをしました。また、民主党15区初代支部長の鈴木さんに市民活動家として応援演説に入っていただき、大きな後押しをいただきました。みなさん、本当にありがとうございました。









これからのたたかいでも比例は日本共産党を合言葉にしていかなければ、2年半以内に解散したときに南関東での3議席が厳しくなりますので引き続き草の根の活動に力を入れます。
そして、3年後の参院選では必ず、神奈川選挙区で21年ぶりの議席奪還を果たします。

参議院選挙でのご支援、ご協力ありがとうございました。今後とも日本共産党をよろしくお願いします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する