5月はいろいろと

 議員になり本当に初めてのことばかりですが、たくさんの経験をさせていただいております。すいませんが、前回に続きまた振り返りになります。5月の11日に日本共産党神奈川県委員会で新人議員研修があり、県内の日本共産党新人議員が集まりました。地方選挙の前半戦、後半戦と全員勝利とはいきませんでしたが、得票と議席を伸ばしたことにより次につながると思います。そのためには、当選した僕たちがまず頑張らなければいけません。2日後に臨時議会があるため、議案について県の方からアドバイスもいただき準備することが出来ました。

 まずは正、副の議長選がありましたが、先輩議員の方々から様々な話しもあり、28人の議員の1人として議長の候補に絞られた方々からの決意をしっかり聞いたうえで判断をさせていただきました。日本共産党茅ヶ崎市議会議員団は新人2人ではありますが、やはり交渉会派に入れなかったことで悔しい思いをすることもたくさんあり、4年後に向けて今はしっかり勉強と経験を積んでいかねばと強く思いました。

 常任委員会は私は総務常任委員会、中野団長は環境厚生常任委員会に決まりました。臨時議会では緊張しましたが「議長。」と大きな声を出し、手を伸ばし、初の討論も行いました。たくさんの市政にかかわる問題が提起され、議論されるので時間のある方はぜひ傍聴に来てください。

 16日、17日は茅ヶ崎の4大祭りの湘南祭があり1日目に参加しました。年々パワーアップしている行事で、名前がいいですよね。高校の同級生が出しているSITAというお店でカリーとナンをいただきました。ダンスを見たり、えぼし麻呂の写真を撮ったり、湘南ガールズコンテストに投票したり、お祭りを楽しみました。











 お昼からは原水協平和行進に参加、各地の人たちのリレーで広島、長崎を目指して茅ヶ崎市役所前の文化会館前でセレモニーを行い、みんなで足並みを揃え、平塚市立図書館まで更新しました。











 翌日は大和市のピースフェスタに参加したくさんの人たちと交流し、夜は国立劇場で前進座の演劇を鑑賞。









この週末はいろいろと動き回りましたが、大阪市では大阪都構想の住民投票も行われ、盛り上がりを見せていました。接戦の末、反対になったものの市民を2つに分けてしまうような見てて辛い戦いでしたね。




 18日19日は、新人議員8人、元職議員2人で議員研修があり茅ヶ崎市の施策、計画、条例等の資料をたくさんいただき、それをもとに各課から説明してもらい勉強しました。





 翌日の20日は歴史的な日でしたね。朝の宣伝行動でも繰り返し訴えていたのですが11年ぶりに日本共産党の志位委員長が党首討論に立ちました。少ない時間ではありましたが、ポツダム宣言を引用し総理に認識を問いましたが、詳らかに読んでいないという答弁で大きな話題となりました。





23日の土曜日は母校の鶴が台中学校と北陽中学校の体育祭に来賓として出席させていただきました。あのときの感動がよみがえりましたね。











 24日には初めて日本共産党中央委員会に足を運び、不破哲三前委員長のマルクスと友達になろうという若者向けの講座に参加しました。北海道から沖縄まで600人以上の若者が友達になりに来ました。会場は熱気がすごかったですね。28歳最後の日に忘れられない日となりました。



 5月最後の週末の土曜日は大山まいり、天狗講に初参加。









服部市長の代理でご挨拶した平野総務部長のお話は僕の周りに座っていた方々も大絶賛、やはり自分の実体験をもとに自分の言葉で伝えることは人の心に響きますね。勉強させていただきました。




 はたの君枝衆議院議員も到着し勝サブレーを交えてのお話もあり



 どの演劇も本当に見ごたえがありました。









 戦後70年、みんなの平和への思いを一つに、手をつなぎ団結しました。







5月に29歳となり、20代も残すところあと1年となりました。30代に繋げる実りのある1年にしていきたいと思います。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する