地方選挙前半戦

3月26日に告示された県知事選挙、4月3日に告示された県議会議員選挙、政令市義選挙も今日が最終日で明日が投票日となります。神奈川県では日本共産党の県議が空白となっており、議席の奪還に向けて各地で熱い選挙戦が繰り広げられています。国と地方自治体の行方に大きな影響を与えるいっせい地方選挙、悔やむに悔やみきれない4年間になります。日本共産党はこの激戦を勝ち抜き、安倍政権の暴走政治に地方から厳しい審判をくだし、住民の声を政治に届けます。

県知事選挙は32年ぶりに現職との一騎討ち。第一声には志位和夫委員長もかけつけ、岡本はじめさんへの1票は平和への1票になりますと訴えました。あたたかい県政へ、岡本はじめ候補をよろしくお願いいたします



茅ヶ崎市のお隣の藤沢市では定数5に対して候補者10人と県内屈指の激戦となっている神奈川県議会議員選挙。藤沢市議を3期12年、唯一の女性候補者として県議選を戦っている加藤なを子候補者を何としてでも県議会へ、第一声にははたの君枝衆議院議員がかけつけました。





今年の地方選挙はスッキリしない天気が続いてましたが、4月9日は天気もよく青空の下で志位委員長の応援演説をすることが出来ました。私も応援演説のリレートークをさせていただきました。











藤沢駅南口にはたくさんの方々が演説を聞きにきてました。車の前に立っていて全体を見渡していると、通行途中の方も次々と足を止め志位委員長のお話しを聞いていました。演説後には手拍子で「加藤で勝とう‼」「なを子で勝とう‼」コール。日本共産党の県議会議席の奪還は藤沢市から、加藤なを子さんを県議会へ‼

県政に新しい風を吹かせ、住民が主人公の暮らし第一の神奈川県へ‼勝たせてください‼

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する