日々の学習

今日は茅ヶ崎社会保障推進協議会の第16回定期総会に出席しました。

勉強会は大変重要な介護保険制度の総合事業と先日強行採決された法案と、継続的に政府が狙っている改悪メニューなど、要点を勉強し、参加者みなさんが驚きの連続で引き続き勉強しようと言っていました。

介護、医療、福祉に関しては毎年法改正がされるため、一年学習しないだけでも大きく変わります。議員と行政職員もお互いが国の動きを注視しながら勉強の連続で、安倍政権のもと、ねじれのない国会で2014年は19本まとめて強行採決、今回の地域包括ケアシステム法案は人々のくらしに大きな影響を与えるものですが、31本の一括法ですよ。専門的に勉強している人でも正直厳しいと思われる。日本共産党は堀内衆議院議員と高橋衆議院議員が国会論戦で問題を指摘しています。

今後も更なる大改悪が継続審議で狙われていますが、2019年から2020年頃に政府は方向を決めます。その前に衆院選と参院選があるので社会保障改悪NOの審判をつきつけるため、学習と運動を引き続き頑張ろう!!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する