6年の月日

いきなり独り言ですが、もし何かあった時に責任とは、日本共産党茅ヶ崎市議会議員団の団長の私にあります。

もともと体育会系なので男としての責任の取り方はわきまえているつもりです。あくまで何かあった時には私はありとあらゆる可能性を排除せずに考えます。

これはただの独り言です。

さて、東日本大震災から6年、震災から2ヶ月後に宮城県石巻市に復興支援に行ったので、あの時に見た光景は絶対に忘れられないし、目を背けてはいけないと思って生きてきた6年でした。

自分の記憶では阪神淡路大震災から震災の恐ろしさや被災地を気にかけるようになりました。当時、小学生でしたがロングバケーションという月9ドラマが流行っていて自分も毎週楽しみに久保田利伸の『LA LA LA LOVE SONG』を聴いていたのですが、ドラマのなかでキムタクが「がんばろう神戸」のTシャツを着ていたんです。自分も同じのを着ていて嬉しかったのを何故か思い出してしました。

これからも自分の感覚で被災地のために出来ることをしていこう。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する