小児医療費助成事業

1月23日の全員協議会で小児医療費助成事業の拡充が協議事項となりました。平成30年4月から通院にかかる医療費助成を現在の小学校3年生から6年生まで拡充し、拡充される4年生から6年生までは一部負担金の導入が示されました。小学校高学年の一部負担金導入に踏み込まなければならないほど、本当に財政が厳しいのでしょうか?何か無駄はないのでしょうか?優先順位は?まだまだ議論を深める必要があります。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/koho/1020324/1021555.html

全員協議会の資料が見たいとの問い合わせがありましたが、こちらから見ることが出来ます↓↓

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/jyohokokai/1009362/1021567.html

私からは時期、所得制限、中3までの拡充について質問しましたがより厳しくチェックをして、3月議会、6月議会に備えます。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する