FC2ブログ

各地決起集会

25日の夜は横浜の開港記念会館で日本共産党神奈川県労働者後援会の決起集会に参加

27日は川崎市麻生区と川崎中部地区(幸区、中原区)の党と後援会の決起集会に参加しあいさつをしました。

全県でお話しする機会をたくさんいただき、地方議員の経験と大手運送会社で働いていた時の話などをしました。この間、日本の政治では民主党政権から第2次安倍政権へ。特定秘密保護法強行採決、TPP断固反対から交渉参加、集団的自衛権行使容認の閣議決定、安保法制、共謀罪、カジノ解禁法、労働者派遣法、残業代ゼロ、外国人労働者受け入れ拡大などの強行採決。働き方、子育て、家族のあり方は多様化していることは間違いないのに、この間、整備されてきた法律が果たして国民のためなのか、逆に生きにくい社会になってないか。やはり、立ち止まって考えるべき。国会でねじれをつくり超党派で国民の暮らしについて議論を深める国会にしよう。

#暮らしに希望を #生きるための選択を

JCPサポーター特設サイト

JCPサポーター特設サイトがスタートしました。

https://www.jcp.or.jp/supporter/sanin2019/

動画チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCXazhWgmH0jGHTsmauxntmA

ツイッターアカウント

 https://twitter.com/JCPS_Official?s=09

JCPサポーター制度が創設されて初めての国政選挙となる参議院選挙。サポーター創設の #暮らしに希望を #HOPE #ガーベラ の花のバナーを見て日本共産党参議院比例予定候補として勇気をもらいました。希望と安心の日本を!!ともに頑張りましょう!!

大磯町議会議員選挙

大磯町議会議員選挙が6/25(火)告示となり日本共産党の鈴木京子候補の出発式に出席しあいさつをしました。

6期目への挑戦です。現町長の前はオリンピック町長と言われ1期4年での交代が繰り返されてきた大磯町、5期20年で4人の首長と論戦し、まちの変遷、議論の積み重ねを熟知している頼りになる議員です。特にこの4年、鈴木京子議員がテレビで取り上げられたのを私も見ました。デリバリー方式での中学校給食は初日から生徒たちからやめてほしいの声が上がり、大きな社会問題となりました。いち早くその声に耳を傾け、議会で奮闘し、大磯町の2校の中学校はデリバリー方式から自校方式への転換を勝ち取りました。ハコモノより、まずは住民のみなさんのくらし、福祉、教育を最優先の町政へ!!駅前整備は焦る必要はありません。

カジノより中学校給食

6月19日~21日までは横浜市内で街頭演説をしました。

19日は戸塚区。戸塚駅前、岩崎ひろし市議事務所の看板が目立ちます。

宣伝カーに乗り平戸の住宅街で街頭演説。たくさんの反応があり演説だけでなく対話も長くしました。共産党も昔と違う、野党で唯一歴史のある政党になったね。でも、頑張っているのに数が少ないと激励されるとともに神奈川選挙区選出の参議院議員が8人いるなか日本共産党の議席がないことの責任を改めて痛感。来る参院選の改選では比例で今回改選となる現有5議席からの躍進、神奈川選挙区は21年ぶりの議席獲得を必ず!!

20日午前は横浜市港南区の上大岡駅、港南台駅、日野団地、野庭団地で街頭演説。

午後は旭区の二俣川駅で女性後援会のみなさんと宣伝。

たくさんのご声援と対話があり、あさかパンフとJCPプランもたくさんの方に受け取っていただきました。現在、横浜市ではカジノ問題が山場となっており、日本共産党市会議員団も気の抜けない日々が続いています。

http://www.jcp-yokohama.com/archives/21332?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

三輪市議(港南区)、かわじ市議(旭区)とともに力合わせ横浜にカジノはいらない、そして中学校給食実現を後押しする給食無償化を国で実現するために頑張ります。私自身も中学校給食未実施自治体の市議でした。現在、デリバリー方式で実施している自治体も調理場方式への転換が後押しできるように給食の無償化を国で実現したいと思います。私が市議時代の一般質問で中学校給食の自校方式について取り上げた時に紹介した長野県小諸市は日本共産党副委員長の田村智子参議院議員の出生地でもあります。給食で児童、生徒たちの成長と食育、地産地消の取り組みを推進しましょう。

https://youtu.be/eQdedKf9leg

6/21(金)午後は横浜市鶴見区で木佐木ただまさ前県議とともに街頭演説。鶴見区でもたくさんの反応、ご声援のある街頭演説となりました。

中学生の帰宅時間ということもあり給食の無償化、あたたかい中学校給食の推進を訴えるとがんばれーと地元の生徒たちから声援がありました。何より横浜にカジノはいりません。これも国政で維新が与党の補完勢力として推進したために法整備がされ横浜に誘致をするのかしないのかという議論に発展しました。国会論戦においてはIR議員連盟の最高顧問となっていた安倍総理、麻生副総理を辞めさせたのは日本共産党の大門実紀史参議院議員でした。

https://youtu.be/IVA6HFCiiIk  (14分25秒から)

IR整備関連法は国会の与党質問では般若心経を唱える自民党議員もいました。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/casino-hannya

日本における賭博の禁止は持統天皇(女性天皇)以来、西暦689年のすごろく禁止令に始まります。清水ただし衆議院議員がズバッと指摘しています。

https://youtu.be/WMSIULM6EoA

審議不十分のまま強行採決されましたが、地方でもブレずに日本共産党はカジノ反対でたたかいます。

決起集会と報道について

6/24(月)午前は横浜市内で行われた党内会議と夜は川崎市宮前区の党と後援会の決起集会に参加しあいさつをしました。

神奈川新聞1面に神奈川選挙区の記事ではなく各党の比例候補の特集記事が載ったことは、神奈川県内における比例候補の動きが活発となり激戦となってきているからです。神奈川から比例は日本共産党、比例の土台なくして選挙区の勝利なし、全国の躍進を勝ち取りましょうとあいさつしました。

また、昨日の横浜と川崎でのあいさつでは述べさせていただきましたが、今回の神奈川新聞の記事に関して予定候補の私に事前に取材や確認はありませんでした。日頃の私の訴えや主張を切り取った形で「市民と野党の共闘で共産党の大波をつくる」となってますが、正しくは「市民と野党の共闘勝利と日本共産党の躍進」これが党の方針でもあります。念のためお伝えさせていただきます。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-176788.html

宮前区の決起集会では野党共闘を求める18区の市民の会の田村さんが来賓としてあいさつをされました。今回の参議院選挙にかける熱い訴えが会場にいるみなさんに伝わりました。市民と野党の共闘へのリスペクト、市民連合との13の政策合意実現に向けて私も頑張ります。

参院選公約

日本共産党、参議院選挙公約を発表しました。

希望と安心の日本を――参院選にあたっての日本共産党の公約│2019参議院選挙政策│日本共産党の政策│日本共産党中央委員会 https://t.co/JKcDfrGXiY

「安倍政治にサヨナラして明日への希望が持てる政治をつくる」

「そのための政治を変える力が市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進を」

参議院比例予定候補として、最後の最後まで頑張ります。ともに歩みましょう!!

党首討論

【党首討論のお知らせ】

志位和夫委員長が安倍首相と党首討論します。(中継=NHK総合テレビ、ラジオ第1)15:34頃から5分30秒間討論します。ぜひご覧ください。

JCP With You

新しいパンフレットできました。

日常の中で感じるモヤモヤ。

その正体は、ジェンダー差別かもしれません。

#MeToo  #WithYou いま世界中で、

性暴力や性差別を許さないと勇気を出して声を

あげる流れが広がっています。

1人ひとりの力は小さいけれど、

みんなで手をつなげば、きっと変えられる。

誰もが自分らしく

生きられる未来を、共に。

個人の尊厳とジェンダー平等のための

JCP With You

PDFファイル↓

https://www.jcp.or.jp/web_download/2019/06/201906-gender-panf.pdf

【特設サイト】

個人の尊厳とジェンダー平等のための JCP With You

https://www.jcp.or.jp/jcp_with_you/

休日

休日はいつもより、ゆっくりしんぶんを読んだり、貯まった録画した番組を観たり、リフレッシュ。ゆっくりスポーツ欄を見渡すと昨年、甲子園で活躍したルーキーのプロ初勝利、海の向こうではロサンゼルスドジャース対アナハイムエンゼルスで日本人対決など、どれも嬉しいニュースです。

日本のプロ野球交流戦も今年で15年目、東北楽天ゴールデンイーグルスが出来て15年目、15年前の2004年、自分が高校3年生のときの6月13日に近鉄とオリックスの合併協議が明るみになり、全国に激震が走りました。報道が出てからは2リーグ12球団から1リーグ10球団、最悪の場合は8球団を目指す球界の動きが加速、選手会はたたかい、9月には初のストライキ、プロ野球ファンは最初から最後まで間違いなく選手会を支持していました。オリックスと近鉄の合併は阻止できなかったけど2005年からの新規参入球団と引き続きの2リーグ12球団を守ることが出来ました。ただこの時に初めて「社会」「現実」というのを学んだ気がする。学歴エリートの経営陣とたたかう覚悟、たたかっている選手会自ら未知の領域を切り開いていかなければならない不安や孤独、ファンやOBは出来る限りの応援をすることしか出来ない。また、当時、選手会がストライキを行使したことは間違っていないと我が党も国会で明らかにしました。 

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-10-30/09_01.html

これが国会で出来るのも企業・団体献金を一切受け取らないから。

あれから15年、今日も大好きなプロ野球が観れることに感謝。

6月11日

東日本大震災から8年3ヶ月。地元、茅ヶ崎の宣伝に参加しました。

あの日の直後に行われた統一地方選挙、忘れもしません。今年は12年に1度の統一地方選挙と参議院選挙の連続選挙。神奈川では県議会、3政令市、10市、4町と18の地方議会が統一地方選挙後の最初の6月議会となり日本共産党の地方議員のみなさんは選挙で訴えた公約の実現、住民福祉の増進、命と暮らしを守るために奮闘しています。来る参議院選挙では原発ゼロの社会、被災地の復興、被災者の生活と生業の再建、防災・減災対策の抜本的強化など全国は1つ、連帯して頑張ります。

夜は木佐木ただまさ前県議と鶴見駅西口で8時間働けば普通に暮らせる社会、くらしに希望のJCPプランを訴える夜の街頭宣伝、シールアンケートを実施しました。私と対話になった女性の方は長時間労働をなくしてにシールをつけました。理由は愛する主人を心配している現状からでした。男性の方は賃金アップしてほしいのところにシールをつけました。やはり切実です。また、私が花を持っている理由は本日全国各地で行われているフラワーデモに連帯の思いを込めて。バラかガーベラにしようと思いましたが寄った店舗にはなかったのでカーネーションです。

#リスペクト #Metoo #WithYou