この時期は

お疲れ3月、初めて4月、すっかり疲れて5月病。大好きだったドラマspecで当麻の独り言で今、ちょうどこの時期だなと思いました。

4月というのは新しい職場や学校、新生活が始まりたくさん不安なことがあると思うけど、若い力が発揮できるような日本社会であってほしい!!古い曲だけど良い曲がありました。私の思想に片寄った曲をチョイスしても良かったけど公平性とれてるでしょ(笑)

https://youtu.be/lW5JSBOfabk

笑顔が大事。みんな頑張ろう!!たまには一人の青年としての投稿でした。

保健所政令市

茅ヶ崎市は4月から保健所政令市となります。今までより役割や責任が大きくなり、施設の老朽化も考えるとこれを軌道に乗せるには5年から10年は必要です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00016735-kana-l14

これ以上の権限拡大は今の茅ヶ崎市にとっては、近隣自治体との関係を考えても現実的ではありません。しっかりとチェックをしていきます。

15区茅ヶ崎事務所開き

今日は衆議院神奈川15区、沼上つねお茅ヶ崎事務所開きに支持者始め、市内外でご活躍されている皆さん、52人が来られました。また、平塚からのお越しもあり、ありがとうございます。

神奈川15区の河野元大臣は小選挙区制となってから7回の総選挙全勝と強いですが、政治を変えるのは、やはり選挙でみなさんが持つ2度の投票権です。私たち日本共産党は比例を軸に全国で850万以上の獲得と、長年苦しめられてきた小選挙区からも風穴を開けるたたかいと、野党共闘を軸とした政策協定など大いなる挑戦に向けて頑張ります!!

1年8ヶ月以内の解散総選挙に備え茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮の2市2町で総力をあげます。

選抜高校野球

選抜高校野球を語るときに毎年語り継がれる試合がある。それは決勝戦ではなく、2004年準々決勝の上甲監督率いる創部3年目の済美高校対若生監督率いるエースダルビッシュを擁する東北高校の試合です。同い年なので本当に忘れられない試合でした。部活から帰ってテレビをつけたら既に9回裏、6対2で東北高校がリード、マウンドには完投勝利まであとアウト3つの背番号18の真壁投手、前年夏も甲子園で大活躍した東北2枚看板です。2点を失いながらもツーアウトランナーなし、そこから1、2番に連打を浴び3番を迎える。最後の力を振り絞り投げるも結果はレフトを守るエース、ダルビッシュの頭上を超える逆転サヨナラスリーランホームラン。この勢いで済美は創部3年目での初出場、初優勝を果す。このときの済美アルプスのブラバンの応援ソングがセンチメンタルバスのsunny day sunday でノリノリで

せーので走り出す♪デートならデーゲーム、遊びたい年頃なんてわけじゃないけど♪ のタイミングでカキーン!!逆転サヨナラホームランだったのが印象的でしたね。 

その真壁投手はプロに行くかなと楽しみにしていましたが、昨秋にアマチュア野球を引退したことが特番で報じられました。本当にお疲れ様でした。当時、横浜高校の渡辺監督も神奈川大会の夏の抽選会のときに真壁君は悪くないとかばっていたみたいです。

今日も好ゲームが3試合あったみたいなので夜のスポーツニュースが楽しみです。

3月議会

日付は変わりましたが今日の3月23日(木)で茅ヶ崎市議会第1回定例会が閉会となりました。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/gikai/

4期目、14度目の服部市政の一般会計予算には賛成24人、日本共産党2人と松島議員の反対3人で可決。また、茅ヶ崎市民文化会館の来年10月リニューアルオープン後からの使用料金の上限引き上げの議案には新政ちがさきの5人と日本共産党の2人の7人が反対しましたが賛成20人で可決となりました。日本共産党だけでなく新政ちがさきとしても行政が提案している受益者負担の適正化を文化を育む市民文化会館の使用料に提案したことは、議論が足りずあまりに矢継ぎ早で納得の出来るものではなかったのでしょう。最終本会議の討論には私が立ち態度を明らかにしました。

また、この3月で茅ヶ崎市のために働き定年退職となる職員のみなさんお疲れ様でした。私からすると2年間だけなのに、長年論戦をしてきたような不思議な感覚です。これからも、それぞれの道でのご活躍を願っています。

任期を折り返し、議会の緊張感は色々な意味で高まります。

茅ヶ崎駅南口について

茅ヶ崎駅南口での駅頭宣伝、ビラ配り排除の件に関してはやはり法的根拠はまったくなく(宣伝できる法的根拠を改めて確認しました)引き続き宣伝とビラ配りが出来ることになりそうです。

信頼できる弁護士の方からアドバイスもあり、後押しをしていただきました。ありがとうございます。警察からは憲法上、排除しないし、大がかりな宣伝ではないので届け出はいらないとの回答があり、茅ヶ崎市の担当課と2度に渡るヒアリングで法的に問題は全くなかったので、残るはJR東海道線茅ヶ崎駅南口の担当と思っていましたが、本日の定例の水曜日宣伝には排除勧告をしに来ませんでした。いきなりの2週にわたる排除勧告に最初は動揺をしましたし、何でいきなりと疑問も残りました。まだ気は抜けませんが、一応今週は排除勧告がなかったのでJR茅ヶ崎駅南口の担当との直接交渉は一旦控え、様子をみたいと思います。

もしかしたら茅ヶ崎駅以外でも起こることかと思いますが、駄目だという法的根拠があれば私たちも場所を変えるつもりでしたし、議論をしてお互いにルールを決めていくという立場に変わりはありません。まぁ、基本的には1歩も引く気はないんですけどね。

党を作って今年で95年、命がけで反戦平和を貫き、現在の日本共産党は国会議員35人、神奈川県議会議員6人、茅ヶ崎市議会議員2人が選出されている以上、街頭に立って市民に政策の訴えや議会報告をしていく必要があります。議決権を持つ責任ある議員が街頭に立たず、まちの活気を失うことだけはしたくなかった。茅ヶ崎駅での朝の街頭宣伝は週に1日(水曜日)ですが、もちろん、みなさんのご理解とご協力があってこそと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

日本ですけど…。

2週間前から茅ヶ崎駅南口での朝の駅頭宣伝をやめるように駅員から言われ始めました。ちなみに北口ペデデッキはオッケーで南口はダメみたいです。道路管理の問題とのことですが、口頭では話が噛み合わないので、今後は文書で出していただきたいと思います。

現在、日本共産党茅ヶ崎市議団として何で日本という民主主義の国で出来ないのかという法的根拠を調査中です。本日は中野ゆきお議員が警察署に行き、使用の届け出をしたいとのことで訪ねたところ、デモのように大がかりな宣伝ではなく、憲法とのかねあいもあり警察としては排除はしない、届け出は必要ないとのことでした。

これで法的根拠を説明する責任は市とJRにあるかと思いますので引き続き、あくまで冷静な議論をしていきたいと思います。

駅員さんは国会議員が朝の挨拶で立っていても注意するんですかね!?しないと公平性がとれないですよね。

マイナンバー

わたしじゃない、私じゃないのと歌っていた元大臣がいましたが。マイナンバーカードの交付率が報じられました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170317/k10010915181000.html

国民全員に通知カードで番号つけておきながら、住基カードよりひどいですね。

どれだけの税金を投入したのかも報じていただきたい。

『未来へ』

小学校を卒業して18年、本日は茅ヶ崎市内の小学校19校は卒業式でした。私は母校の茅ヶ崎市立香川小学校の卒業式に来賓として出席しました。大八木校長先生、来賓を代表しての北陽中学校の高橋校長先生、PTA会長、みなさんのお祝いのことばがこの時代に合った生徒たちの心に落ちることばで感動しました。今の子どもたちの悩みは多様化しています。悩みを相談できたり、時に逃げ場所があったりすることが必要だと改めて感じました。

感動はしますが泣くはずはないと思っていた卒業式なのに、最後にギリギリの落としどころが待っていました。

卒業生が退場するときに流れた1曲目の曲がまさかのKiroroの『未来へ』でした。私の世代の名曲キター♪♪♪誰だ、この曲を選曲したのはと思いつつ、鶴が台中学校で2年間担任だったK先生を思い出してしまいました。中3のときのK先生の離任式でもこの曲が流れたんですよね。

ほら 足元をみてごらん これがあなたの歩む道♪

ほら 前を見てごらん あれがあなたの未来♪

目に汗かきそうな素晴らしい卒業式でした\(^o^)/

6年の月日

いきなり独り言ですが、もし何かあった時に責任とは、日本共産党茅ヶ崎市議会議員団の団長の私にあります。

もともと体育会系なので男としての責任の取り方はわきまえているつもりです。あくまで何かあった時には私はありとあらゆる可能性を排除せずに考えます。

これはただの独り言です。

さて、東日本大震災から6年、震災から2ヶ月後に宮城県石巻市に復興支援に行ったので、あの時に見た光景は絶対に忘れられないし、目を背けてはいけないと思って生きてきた6年でした。

自分の記憶では阪神淡路大震災から震災の恐ろしさや被災地を気にかけるようになりました。当時、小学生でしたがロングバケーションという月9ドラマが流行っていて自分も毎週楽しみに久保田利伸の『LA LA LA LOVE SONG』を聴いていたのですが、ドラマのなかでキムタクが「がんばろう神戸」のTシャツを着ていたんです。自分も同じのを着ていて嬉しかったのを何故か思い出してしました。

これからも自分の感覚で被災地のために出来ることをしていこう。