FC2ブログ

臨時議会(委員会)

本日は直接請求による臨時議会、今回の議案の所管である教育経済常任委員会でした。昨年から常任委員会も放映になりましたので委員会の様子は動画で確認することが出来ます。

http://fast01.hotstreaming.info/chigasaki-city/78211110/contents/play.php?fileid=movie04

日本共産党茅ヶ崎市議会議員団の委員はいませんが、2月21日(火)に討論と採決で態度を明らかにします。

議会の流れ

ただいま直接請求により臨時議会が開会しています。日本共産党は国会も地方議会もルールを守り取り組んでおりますので、私は日本共産党茅ヶ崎市議会議員団の代表として、議会の流れは大切にしますのでご理解よろしくお願いします。さまざまな議会改革の中でも現在は常任委員会の役割が、大変重要となっておりますし、直接請求については重く受け止めて対応しているにも関わらず、臨時議会とはまったく関係のない場所で騒がれたのは残念でした。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/gikai/1001074.html

明日は教育経済常任委員会が、10時から開催されインターネットで放映もされます。

http://www.chigasaki-city.stream.jfit.co.jp/

県党会議

2月11日は県党会議でした。

来る総選挙で日本共産党神奈川県委員会は、はたの君枝衆議院議員の再選と岡崎裕予定候補の勝利へ!!比例での躍進と小選挙区から風穴をあけるたたかいで南関東ブロック4議席以上への新たな挑戦となります。

また、2019年の参院選はあさか由香さんが決意を固め記者会見もされました。

「8時間働けばふつうに暮らせる社会」

昨年の参院選が次につながるたたかいであったのであれば、次は勝利しかない。2016年だけでなく2013年参院選の悔しさもよみがえってきますが、21年ぶりに神奈川県の宝の議席を取り戻そう。

総選挙、2019年の統一地方選挙、参院選での躍進に向けて活発な討議がされた県党会議でした。

LGBT

今日は午前に会議、午後から市民文化会館にて人権を考える市民の集い、虹色の明日へ!!~ありのままの自分でいいんだよ!!~に参加してきました。講師は特定非営利活動法人SHIP代表の星野慎二さんです。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bunka_rekishi/1006197/1015751.html

子どもたちは先生を見ていますというのは本当にその通りだと私も思います。

「体の性」と「心の性」さまざまな性のあり方については、私も含め、国内ではまだまだ理解が進んでいないと思いました。今日は現役の高校生と大学生の話を聞いて、人権の二文字を深く考えさせられました。

寒川町議会議員選挙

いよいよ来週からは寒川町議会議員選挙です。バレンタインデーの14日告示19日投票の短期決戦になります。前回以上の激戦となりそうですね。日本共産党 は現職の細川京三町議、山田まさひろ町議、新人の青木ひろし予定候補の3人で現有の3議席確保へ!!

https://t.co/0H8ki9Pjcl 

2017年、神奈川県内の最初の中間選挙となり全員勝利へ!!頑張ろう!!

日本共産党県議会報告

神奈川県民のために全力の日本共産党神奈川県議団の議会報告が届きました。茅ヶ崎市のことを数多く取り上げていただきありがとうございます。

君嶋県議は昨年、茅ヶ崎市の保健所を視察に訪れ老朽化の問題を取り上げていただきました。4月から保健所政令市移行となり、業務事務を市の職員が担当、更に寒川町の保健業務もです。県庁舎は5年間の無償貸与ではありますが、40年が経過しており、施設の改修や利用者の安全安心のためには引き続き県の支援が必要です。納得いかないのは県も市も絶対に老朽化という言葉を使いません、認めたくないのかもしれませんが市民、県民からいただいた声をしっかりと受け止めていただきたい。

大山県議は4月から始まるインクルーシブ教育実践推進校を委員会で取り上げています。そうです。私の母校の茅ヶ崎高校で始まります。様々な課題もあるし、教員の体制も重要となります。それでも力を合わせて茅ヶ崎から共に生きる社会を発信していきましょう。

保健所政令市移行、インクルーシブ教育など様々な課題が出てくると思いますので引き続き県議団と連携していきます。また、先日の茅ヶ崎革新懇の総会では茅ヶ崎市議会だけでなく、県議会も傍聴しようという呼びかけがされました。茅ヶ崎市と神奈川県、ともに大切な予算議会が始まりますので、是非とも代表質問の傍聴に来て下さい。

http://kisaki.jcpweb.jp/wp-content/uploads/2017/02/kengi-news-28.jpg

茅ヶ崎市議会の代表質問は私が立ちます。来週の議運で正式に決まりますが3月1日になる予定です。

小児医療費助成事業

1月23日の全員協議会で小児医療費助成事業の拡充が協議事項となりました。平成30年4月から通院にかかる医療費助成を現在の小学校3年生から6年生まで拡充し、拡充される4年生から6年生までは一部負担金の導入が示されました。小学校高学年の一部負担金導入に踏み込まなければならないほど、本当に財政が厳しいのでしょうか?何か無駄はないのでしょうか?優先順位は?まだまだ議論を深める必要があります。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/koho/1020324/1021555.html

全員協議会の資料が見たいとの問い合わせがありましたが、こちらから見ることが出来ます↓↓

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/jyohokokai/1009362/1021567.html

私からは時期、所得制限、中3までの拡充について質問しましたがより厳しくチェックをして、3月議会、6月議会に備えます。

介護保険「総合事業」

介護保険制度が大きく変わる総合事業が2015年4月からスタートし、移行期限は2年を設け茅ヶ崎市は今年の4月から始まります。

国会では2014年5月に委員会審議を締め切り安倍政権により強行採決されました。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/otoshiyori/1014544/1021763.html

新たに始まる介護の総合事業、茅ヶ崎市介護予防・日常総合支援事業の説明会の日程が決まりましたので、市民のみなさまの積極的な参加をオススメします。

政策提言

2月3日(金)茅ヶ崎市議会総務常任委員会は服部市長に中核市移行に関する政策提言をしました。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/koho/1002784/1021798.html

様々なことがあった2年間でしたが、2度の委員会視察や議会基本条例に基づき行われた3度のテーマ別意見交換では参加された市民のみなさまからたくさんのご意見、ご提案をいただき、委員会で討議、議論を重ね練り上げました。

正、副委員長が委員会を代表して市長応接室で政策提言をすることが多いですが、今回は委員全員での手交式としました。わずかな歓談の時間で発言の機会をいただき、私からは住民自治の最大限の尊重を伝えました。

また、市長からは我々が行き届かない部分まで調査、研究がされ受け止めたいとの発言がありました。首長と議会がそれぞれ独自の権限と役割を持ち、相互にチェック・アンド・バランスの関係を保ちつつ、全体として住民から選ばれた地方自治機関としての役割を果たす二元代表制の重みを感じる凝縮された時間でした。

来る市長の施政方針に注目が集まります。

タウンニュース

本日、新聞折り込みされているタウンニュース茅ヶ崎版、2017年2月3日号に日本共産党茅ヶ崎市議会議員団の議会報告が載っています。

http://www.townnews.co.jp/0603/i/

3月議会の代表質疑に向けて休む暇はありませんが、全力投球で頑張ります!!