大晦日

2015年も今日で終わります。今年4月のいっせい地方選挙ではみなさまからの大きなご支援で茅ヶ崎市議会に送り出していただきありがとうございました。日本共産党としても大きく躍進することが出来ました。議員となり生まれ育った茅ヶ崎市での議員活動や安倍政権と正面から対決する日本共産党での活動を1年通じてやることが出来たのも、みなさまとの共同と支えがあったからです。来年も顔の見える関係づくりと市政発展、国と地方がしっかりと連係した党活動に全力で取り組んで行きます。










戦後70年の節目の年に、戦争法の可決、成立、公布。約2年ぶりに原発が再稼働、労働者派遣法の改悪、アベノミクス第2ステージ、マイナンバー法の成立、自民党が野党時代に追求したTPP交渉の大筋合意、沖縄の辺野古新基地建設強行など色々とありましたが、このほとんどは世論調査でも過半数が成立を急ぐ必要はない、国民への理解が進んでいない、説明不足、評価しないでありながらも待ったなしで数の力で押しきられてしまい、悔しい1年でした。



しかし、この間を通じて発展した市民活動にはたくさんの感動と勇気をもらいました。一人一人が自分自身の言葉で発信するメッセージの大切さをSEALDsが先頭に立って伝え、活動の和がひとまわりふたまわりと広がることで、野党の議員同士が党の違いを越えて、集会などで手を繋ぐことが出来た。あくまでこの活動は生活の一部ですというのがクールで格好良かった。

安保法制に反対するママの会は全国30を越える都道府県で立ち上がり、与党側に直接説明を求め思いを伝えたり、集会やデモをしたり積極的に動いてました。法整備が進められ、これから社会に出て大人になるのは今の子どもたちです。だからこそ、子育てが大変のなか、政治の世界に声をあげたママさんたちの声はリアルだった。

今年1年を振り返り、来年の参議院選挙に繋げていきたいと思います。やはり政治を変えるのは選挙になってきますので、国政選挙は政治を変える大きなチャンス。日本共産党は昨年の衆議院選挙のように自共対決を前面に出してたたかえば議席は増えるでしょうが、正直それだけでは安倍政権は倒せない。戦争法廃止と憲法を守ろうという大義のもとで野党が一致点で協力をして全国32ある1人区の選挙区で勝たなければいけません。憲法改悪を狙い衆参ダブル選挙をやる可能性もあるのであれば、なおさら野党共闘を進めなければならない。日本共産党は国民連合政府の実現を目指していますが、野党第1党はあくまで民主党、この話し合いがいきなり上手くいっては面白くないが、スパーンと決断してほしいという思いもあります。まずは、国民連合政府の呼びかけが出来たことが大きかったと思います。来年も、全国各地でさまざまなアクションをしていきましょう。

僕は2つの平和都市宣言とサザンオールスターズを生んだ茅ヶ崎市から声をあげて頑張ります‼



みなさん、どうぞ良いお年をお迎えください。

日本共産党演説会

今日は紙智子参議院議員を招いての湘南地区日本共産党演説会に多くのご来場ありがとうございました。司会は私と藤沢市会議員のみむら耕太郎、大和市会議員の佐藤大地の20代トリオでつとめさせていただきました。

どこでもアクションの朝倉さん、ママの会の澤見さんと白井さんご夫婦と一緒に会場でコールをしました。日本共産党演説会では新しい試みではないでしょうか。











参院選に向けて共同の力が一層強くなっていることを感じました。

昨日はあさかカーに乗って湘南を駆け回り、街頭と演説会と連日の湘南入りをした来年の参議院神奈川選挙区予定候補のあさか由香さんの訴えは、聞いている人も迫力があったねとだれの子どもも殺させないの強い決意が伝わってきました。







国会ではTPPを中心に論戦をしてきた紙智子参議院議員のお話しは、政治のことをわかりやすく優しく伝わってきました。さすが食糧自給率200%を越える北の大地、北海道出身の国会議員ですね‼日本の農業、食、医療、様々な分野で私たちの暮らしに関わってきます。譲歩などあってはなりません、大筋合意となったTPPでも共同の力を強くしていきたいですね。







入党の申し出もあったと聞き一緒に活動できる仲間が増えたことが本当に嬉しいですね。ともに頑張ろう‼