ロシア革命

今日の午前は総選挙をたたかった社会民主党の佐々木かつみさん一同が日本共産党湘南地区委員会を訪問されました。

1対1の構図にならなかったことは残念でしたが奮闘をされました。これからも様々な共闘を広げていきましょう。朝日新聞に不破前議長が載っていたことが話題になり、市役所に行ってから読みました。

朝日新聞

http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13231465.html

しんぶん赤旗も忘れずに宣伝。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-07/2017110704_01_0.html

赤旗日曜版

http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2017/11/100-26.html

ロシア革命100年、私たち日本共産党は資本主義の枠内で改革を進め、共に幸せを産みだす党として頑張ります!!

全国都市問題会議

昭和2年に始まった全国都市問題会議は初めての沖縄での開催となりました。

中核市としての那覇市、地域コミュニティ、貧困対策、テーマでもある地方創生など茅ヶ崎市とリンクする部分もかなりあり、今回は得るものが多いだろうと思い初めて参加しましたが間違いなかったです。しかも茅ヶ崎の服部市長も参加していましたね。同じ会議に参加して立場は違いますが茅ヶ崎市民のために政策論戦で相まみえることを楽しみに2日間を終えて帰ってきました。

沖縄を知り、沖縄を更に好きになり、沖縄に寄り添う、米軍基地関係の報告もあり参加した約2000人が沖縄の基地問題を考える良い機会になったと思います。やはり現地に来て感じることは国も地方も沖縄で起きてることは政治の未来を先取りしています。写真はあまりありませんが、帰りにガジュマルの木を見てきました。

モンゴル800の曲を聴きたくなりましたね。

これからの学校建築

週末にこれからの学校建築というシンポジウムに参加してきました。

パネルディスカッションはなかなか面白かったです。

給食に関するやり取りもあり、中学校給食をやっていない本市としては市長と教育長はヒヤリとしたような場面もありました。工藤先生も重要であるとの認識みたいでした。

明日までパネル展もやっていますので是非。みんなの学校、開かれた学校を広げていくことが求められていると感じました。

議員研修会

パソコンとスマートフォンともに調子が悪いです。現代ツールなので修理しなければいけませんね。

11月に入り総務常任委員会を開き、近隣自治体の取り組みとして厚木市への視察が承認 されました。職員定数や過去の行革などを振り返りつつ、これからの茅ヶ崎市がどうあるべきかは今が大事な議論の時です。

11月2日に湘南地方市議会議長会議員研修会にも参加しました。

テーマはなぜ老いる?ならば上手に老いるには-フレイル予防を通しての健康長寿まちづくり-

教授は東京大学高齢社会総合研究機構教授の飯島勝矢氏でした。

先生の取り組みを聞くなかで茅ヶ崎市にもまだまだ出来ることはあると感じました。それにしても熱い先生でしたね。まずはフレイルチェックを広げていきましょう。

衆議院選挙終盤

昨日の小選挙区15区は平塚の街頭演説で社会民主党のささき克己候補と日本共産党のはたの君枝候補が揃って総選挙での立憲野党の躍進を訴えました。

その後、茅ヶ崎駅ペデストリアンデッキで社会民主党と日本共産党の街頭演説を立て続けに行い、私と今村あゆみ比例候補の間に比例は共産党とプラカードを掲げての市民と野党の共闘を茅ヶ崎から発信しました。

また、湘北地区ではたくさんの激励をありがとうございました。

高齢化率の高い鶴が台では介護保険法と生活保護制度の改悪ストップを訴えると大きな拍手をいただきました。若い世代の多いみずき地域では待機児童問題を繰り返し議会で取り上げて行政が実態に基づく解消が重要であると答弁を引き出したことや、日本共産党が国会で隠れ待機児童問題をいち早く取り上げてきたから定義の見直しに繋がったことを述べ、最後に北茅ヶ崎駅では働き方改革、残業代ゼロ法案の廃案と8時間働けばまともにくらせる社会をご一緒につくりましょうと訴えました。残り2日、雨にも負けず比例は日本共産党を軸に頑張ります!!